【空手の賭け試合】処女の空手少女が勝負に負けて屈辱的な罰ゲーム

2017/06/05

沙希といいます。
これは高校時代のことです。
部活は女子空手部に所属していました。
まだ、男性経験はおろかキスの経験もありませんでした。

よく、周囲の皆からはボーイッシュだね。と言われます。
空手では男子にも負けない自信があります。

時々、男子空手部と女子空手部の数人が集まって、練習方針等を決める会合を部室で行なうことがあります。
男子空手部との合同の幹部生徒が集まる会合で、練習方針などを決めるのですが、この前、話したHな話が好きなA君と練習を方針をめぐって、言い合いになってしまいました。
A君に「お前、強いからって粋がるんじゃないよ。」と言われた時、
「もっと、練習したら。Aなら本気でやっても勝てると思うよ!」
と言ってしまいました。
私に罵倒されたA君は頭に血が上り、

「沙希!俺と組手の試合をするか?どっちが強いかハッキリしてやるぜ。」と言ってきました。
私は少し考えた後、「いいよ!かかってくれば。」とそれを了承しました。
「その代り、もしお前が負けたら詫びてもらう。それもここの全員の前で素っ裸になってな!」
売り言葉に買い言葉です。
「いいよ。絶対に勝てるから」とそんな約束をしてしまいました。
ルールは次のとおりになりました。」
一本=1ポイント(中段突き、上段突き、打ち等)
二本=2ポイント(中段蹴り、背中への突き、それぞれの技が得点可能な手技の組合せ、相手のバランスを崩す得点技等)
三本=3ポイント(上段蹴り、投げ、足払い、相手をマットにつかせる得点技等)です。
8ポイントを先に取った方が勝ちです。
試合が始まると、男子は私の負けを期待したらしく、A君を応援し始めました。
最初、私が先に5ポイントまで先取したのですが、持久戦に持ち込まれました。そして私の息が切れた時を見計らって、A君はドンドン突きや蹴りを繰り出していきます。
私は続けて倒れてしまい、とうとう試合に負けてしまいました。

私は負けた瞬間、これからの罰を考えると、恥ずかしさでカーっとなってしまいました。
でも約束は約束です。
でも同性にこんなところを見られるのはとても耐え切れません。
女子にはそこから出て行ってもらい、私は道場に3年の男子部員がいる中に取り残されました。
そして思い切って道着を脱ぎ、Tシャツ、ショーツを脱ぎました。
男子部員の前で生まれたままの姿を晒してしまったのです。
そしてA君に向かってその姿のままで土下座して
「身の程知らずのことを言って申し訳ありませんでした。」
と謝罪しました。
すごい屈辱でした。
後、もう一歩で勝てたのに。
そしてアイツが「詫びはこれだけじゃないからな。」と屈辱で震えている私を数人の男子部員に声をかけて手伝ってもらうような感じで私を道場の端の方にある柱に私を連れていき、どこから用意したのかロープで私を柱に括りつけてしまったのです。
「やめなさいよ・・・・何するの」私は叫びましたが、止めません。
アイツはまた、どこからか書道に使う筆を持ってきたのです。
「これからお前のことを30分間、そうだな5時まで面白いことをしてやるからな。気持ちよくなってもいいんだぜ。」
と言ってきました。
私は「馬鹿言うなよ。気持ちよくなるわけなんかないじゃん。」
するとアイツは筆で私のウナジの辺りをくすぐってきました。
ぞーっとする感じで身体に鳥肌が立ってきました。
また耳も筆で触られるのです。
違う男子部員が突然、私の恥ずかしい両足の付け根の間に手を入れてきました。
思いっきり、「やめろー」と叫びましたが、止めて貰えませんでした。
何分かしているうちに、だんだん身体がオカシくなってきました。
奥から熱い感覚がドンドン、襲ってくるのです。
ヤバイ・・・このままじゃ・・・・・
だけどこの感覚を抑えることができません。
そのうちにだんだん・・・・あっーーと声が漏れていくように
なってしまったのです。
アイツが「お前、感じてんじゃないの?」の嫌らしく言います。
私は「そんなわけないじゃん」と反論すると、
アイツは「じゃあ、確かめてやるよ」と
突然、私の道着の下の結んでいた紐をほどいて、足首まで下ろして
しまったのです。
私の水色のショーツは丸見えの状態になってしまいました。
「やだ!やめろーー」と叫びましたが、アイツはしゃがみこんで、私のショーツを覗き込みました。
「おいっ、パンティにシミが付いているじゃないか」
「そんなことないよ!見るなよーー」と叫びながらも
私は感じていることを知られてしまい、思わず涙が出てしまいました。
アイツは私のショーツを触りながら、また他の男子部員は私のハダケた道着の上からTシャツの上から、胸を触り始めました。
「あっ」声を出すまいと思っても、声が出てしまうのです。
アイツもショーツの上から擦る手の動きを早くしていきます。
私の腰は勝手に震えていき、それを止めることができなくなっていきました。
そして遂に、その時が来たのです。
腰の震えがピークになり、ぶるぶると身体が痙攣してしまい、
それとともに「あーーーーっ」と声を出しながら、その恥ずかしい姿で、皆の前で頭の中が真っ白な感覚になってしまったのです。
アイツは「とうとう、イッてやんの」と笑い叫びました。
私は恥ずかしくて、死にそうでした。
でも家に帰ったら、負けた悔しさで眠れませんでした。