【友人の結婚式に出席した時の事】彼氏の友達と飲みなおしていたら押し倒され経験したことないほどイカされてしまった

2017/06/20

友人の結婚式に出席した時の事。
日帰りでは行けない地方での結婚式だったため、友人は宿泊手配をしてくれていた。

それも気の利いたことに温泉宿。
「どうせだったら観光も兼ねたほうがお得感あっていいでしょ?」
という彼女の好意に甘えました。

私の彼と新郎はそんなに仲良くなかったので式には私のみ出席。
新郎側には彼の友人が出席していました。

その人(M也)とは何回か彼を通じて話をしたり食事をしたりもしていたし、新婦側の友人が中学時代の人ばかりで高校時代の友人だった私はなんとなく一人浮いてる感じでした。
ですから、必然とM也との会話がメインになっていたんです。
披露宴も2次会も無事終わり私たちは宿に戻りました。

贅沢なことに私は一人で部屋を使えるようになっていました。
浴衣に着替え温泉にでも行くかなーと思っているとM也が部屋に訪ねてきました。
「飲み足りないし一緒にもうちょっと飲もうよ」
二人きりというのはちょっと気になりましたが、M也はなかなかいい奴だったのでOKしました。

しばらくは二人でお酒をのんで雑談をしていました。
「京子は酒強いなあ」「M也こそさっきから結構飲んでるよ」
「なあ、酒強い奴酔わす方法知ってるか?」
「知らない。とにかくおだててガンガン飲ます!」
「違うよ、教えてやる」
そう言ってM也はいきなり私を押し倒しました。

びっくりしてM也を押しのけようとしましたが、小柄な私が全身で覆いかぶさってくる180㎝もあるM也を動かすことなんて出来ません。
M也は息を荒くして浴衣の胸元をはだけました。温泉に入ろうと思っていた私はブラをつけていなかったのでM也の目にすぐ晒されてしまいました。
「京子、T彦から聞いてたけど綺麗な胸してるな」

そう言うなり胸を片手でわしづかみにし、もう片方の乳首を口に含みました。
「M也!やめて!何するのよ!私T彦の彼女なんだよ」
「そんなこと知ってるさ、でも今京子のこと凄い欲しくなったんだ。絶対止めてやらねえ」
「そんな!」

必死に首をイヤイヤと振る私を軽々と押さえつけて彼は胸をチュパチュパ音を立てて舐めまわし、乳首を吸い上げます。
そして不意に耳に息を吹きかけました。私は耳が凄く弱いので思わず身体がビクッと震えました。
「耳、感じるのか?」何も答えない私にM也は耳ばかり集中的に攻めてきます。
「んっ」思わず声が出てしまいました。

アソコがじわりと濡れるのを感じました。
M也は耳を攻めながら浴衣の裾を割って片手をアソコに進めてきました。
とっさに足を閉じ抵抗しましたが強引に足を開かれました。
「京子・・・感じてるんじゃないか。パンツごしでも湿ってるのわかるぜ?」
「嫌、やめて」
「そんなこと言うなよ。ここが寂しがってるよ」

そう言ってM也は布の上から形を確かめるように指を上下させました。
「あっ、嫌、お願い」「お願いもっとしてって?」「違っ、ああっ」
私はだんだんM也の指に翻弄され始めました。彼氏への罪悪感と肉体の快楽にごちゃまぜになっておかしくなりそうでした。
浴衣ははだけてかろうじて帯だけが身体に巻きついてるかんじでした。

「邪魔だから取っちゃうよ」そういってM也は私から浴衣を引き剥がし、ショーツも半ば剥ぎ取るようにして脱がせました。
さすがに私も抵抗する気力がなくなりされるがままになっていました。
「京子綺麗だ。胸も足もマンコもお尻も全部よく見せて」
M也はそう言いながらねっとりと体中を舐め回し始めました。

性感帯に触れられると身体がピクッと反応します。
M也はそこばかり集中して責めました。私もだんだん息が荒くなります。
それでも声は出すまい反応すまいと必死に我慢しました。
M也はそんな私の抵抗を見て「そうだ、酔わせ方教える約束だったね」
とおもむろに日本酒を口に含みました。

てっきり口移しで飲まされるものと思っていた私はいきなりアソコにそのままキスされたことに驚きました。
M也は足を抱え身体を二つ折りにして、アソコにお酒をしみこませてきました。
「下の口からアルコールを飲むとまわりが早いんだよ」
そう言いながら今度は瓶の口をそのまま挿入してきました。

「すげえな、濡れ濡れだからどんどん入ってくよ」
「あああああ!!」
冷たい液体がお尻のほうへ流れる感じとともに激しくしみるその感覚に思わず声を上げました。
「抜いて!抜いて!お願い・・・痛い・・・しみるの」
「駄目だよこんなにこぼしちゃもったいないだろ」そう言いながらM也は挿入されている瓶の口の周りを舐めまわします。
「感じてるんじゃないの?ほらクリも勃ってきたよ。ここも舐めてあげるよ」
「嫌ぁーーー!」

信じられないほどの快感が走り、私はあっさりと達してしまいました。
M也は身体を痙攣させながら荒い息をつく私を楽しそうに見下ろしています。
「まだ入ってるよ?ヒクヒクしておねだりしてるよ。わかったもっともっと欲しいんだね、いいよ、もっとイカせてやるよ」
私のアソコにはまだお酒の瓶が刺さっていました。

M也はそれを抜き、かわりに指と舌でアソコを再び弄び始めました。
ここに来てアルコールがまわってきたのか下半身を中心にボーっと熱くなり始めました。
「京子、身体がピンクに染まってる。かわいいよ」丹念に愛撫を繰り返しながらM也がささやきます。息がアソコにかかり全身ゾクゾクします。
「どんどん溢れてくる。京子はHな身体してるな。でも京子だけ気持ちいいのはズルイよな。俺のもして」
そう言ってM也は私の顔を股間に導きました。

M也のソレはとても硬くなっていておなかにつきそうなほど反り返っていました。
私にもう迷いはありませんでした。
両手でそっと包みこみながら舌を這わせると「うっ」と言いピクリと反応が返ってきたのをみて思い切り飲み込みました。
裏筋をゆっくりと舐め上げ亀頭を軽く甘噛みし、尿道口を硬くした舌先でつつきました。

片手で玉をゆっくりもみながらチュパチュパと音をたてながら吸い上げるとM也はピクピクと反応します。アナルと袋の間を指でサワサワとなで、再び深く飲み込むとM也は「ふぅー」と吐息をつきました。
「京子うまい。俺駄目だ。」
そういってM也は私の口からソレを引き離し、私を背後から抱きしめました。
「挿れるからな」
そういってグイと一息に私の中に埋め込みました。
「くっ」いきなりの量感に身体に力が入りました。
M也は挿入したまま動こうとしません。私はじれて腰を動かしました。

「駄目だよ京子。そんなにはしたなく動いちゃ」
M也は両手で腰を押さえゆるゆると動き始めました。
「あっ」「あっ」「あっ」
M也の動きにあわせて声が漏れます。
M也は片手でクリもいじり始めました。
私の身体はどんどん高ぶっていきます。クリをキュッとつままれた途端私はまたしてもいってしまいました。
「何?京子もういっちゃったの?早すぎでしょ」
M也はそう笑って言いながらも動きを早めます。

私にはいったばかりなのにまた次の快感の波が押し寄せてきていました。
「もう駄目・・・また、またいっちゃう。ごめんなさい。我慢できない。どうしよう」
「いいよ、イケよ」
「嫌、一人じゃ嫌。一緒に・・・」
「駄目。もっと京子のイイ声聞いてたいから一人でイキな」

「はぁはぁ・・・駄目!駄目!来る!」
敏感になったアソコは想像もつかないほどの快感を生みます。
体中が痙攣を繰り返します。何も考えられなくなり息がどんどんあがります。
そんなすっかり腰砕けになって力の入らない私を仰向けにし、再びM也が進入してきます。
「まだするの?もうっ、もう駄目。許して」
私の必死の哀願にM也はやっと自分もいってくれる気になったようでした。

「そろそろ俺もイクから京子もイケよ」
M也の腰の動きが一段と早くなり私の快感もまた高まっていきました。
「くっ!」どくんどくんとM也が私の中に放ったのがわかりました。
二人ともしばらく動けませんでした。
数分後、M也がズルリと私から抜け出しました。
精液がだらりと伝い布団を濡らすのがわかりましたが、私はまだ動けずにいました。
「精液、酒の匂いがする」M也の言葉に羞恥心がよみがえりました。
M也は私の手をとり股間を触らせました。

あふれる精液を指に絡めて匂いを嗅がせます。。
確かにお酒の匂いがまじっていました。
アルコールがまわったせいと何度もイカされたせいで私はぐったりと動くことが出来ません。